ストレスへの耐性UP

些細なことでイライラしやすい、もしくは落ち込みやすい…そんなストレスへの耐性が低くなってきたことに悩みを抱えている人も少なくはないでしょう。ストレスへの耐性は様々な要因で下がってしまいますが、野菜を食べる習慣づけで歯止めをかける効果が期待できます。ストレスはホルモンの分泌による現象ですが、野菜を食べることでストレスを打ち消すホルモンの構築を促すことに繋がります。イライラする・落ち込むような出来事に直面しても、それをサラッと受け流せるだけの心の余裕を養う手助けになってくれるでしょう。

また、野菜は身体の調子を整えて、疲労の回復や睡眠の質の向上に繋げられる点もメリットの一つ。今日のストレスや疲れを明日に残さないことで、毎日をリフレッシュされた清々しい気持ちで過ごすことができます。ストレスを感じにくくするための対策として有効でしょう。また野菜は食物繊維が豊富で噛む回数が自然と増えます。「食べた」という満足感が得られやすいことから、ストレスの解消にも繋がります。ストレスを食欲にぶつけたくなったときは、ストレスへの耐性をつけるついでに野菜でストレスを緩和させ栄養成分をたっぷり摂取しておくのもおすすめです。