ストレスに効く栄養

そもそもストレスとは何なのか、ご存じでしょうか。人が感じる嫌な気持ちやもやもやとした不安感などを「ストレス」と言いますが、これらは人の体が分泌するホルモンによる影響です。ストレスのようにネガティブな感情を沸き起こさせるホルモンが存在するように、ストレスの解消・抑制を促すポジティブなホルモンも存在します。ストレスを軽減させる効果の期待できる野菜とは、こうしたポジティブなホルモンの分泌を促す栄養を含んでいるのです。ストレスを軽減させる上で重要な栄養素は、ビタミンCやビタミンE、ビタミンB群、カルシウムです。どれも野菜に含まれていることが多く見られます。

ビタミンCはゴーヤやキャベツ、ブロッコリーなどにも多く含まれる有名な成分。抗ストレスホルモンである「コルチゾール」を構成するための材料になってくれます。アボカドに含まれているビタミンEも同様にコルチゾール生成に関係しているため、ストレスの緩和に効果が期待できるでしょう。ビタミンB群はエネルギーの変換に役立てられており、脳を活発に働かせるサポートをしてくれます。脳の働きが良くなれば集中力が高まり、日常生活でストレスを抱える場面の回避に繋げられるでしょう。