野菜の栄養素と働き

野菜にはビタミンやミネラル、食物繊維といった様々な栄養成分が含まれています。他の肉や魚、小麦などからは摂取できない「野菜ならでは」といえる栄養が多いことから、野菜を食べることが健康の秘訣として語られることは昔から多くありました。実際に野菜に含まれているビタミンは、体の免疫機能を助けたりエネルギーの変換を助けたりと言った作用を持ちます。ミネラルは血液や骨を構成するほか、体の調子をサポートします。食物繊維で胃腸の調子を整えて便通を促したり便秘を予防・緩和させたりすることも、野菜をたべるメリットの一つでしょう。しかし野菜の持っている効果はそれだけではありません。体の調子を元気に保つことはもちろんですが、精神的な側面でも重要な働きをいくつも担っているのです。

野菜を積極的に食べていると、ストレスへの耐性をつけたりストレスの解消を促したりといった効果も期待できます。「ストレス社会」と言われる現代社会においては、欠かせないライフハックと言えるでしょう。よくリラックスを促すと言われている牛乳には、カルシウムが含まれています。野菜にもカルシウムが含まれている他、ホルモンバランスを整えたり、精神的な不調を改善へ導くためのビタミンや栄養素が多数含まれています。今も現在進行形でイライラしやすい生活を送っている人は、最近野菜を食べているかを振り返ってみましょう。野菜がどうしてストレスに効果的なのか、理由やメリットについて解説します。